木更津きらら歯科の歯科ブログ

「お口のコンサルタント(当院の歯科医師)」による、生涯安心して健康な歯で暮らしていくためのマメ知識をご紹介いたします。

17年11月01日

スウェーデンに学ぶ幸せな老後

人生が終わりに近づいたとき、「寝たきり」となってすごす方は日本では100万人以上います。一方、寝たきりの高齢者がほとんどいない国もあります。高福祉・高負担の国で知られるスウェーデンです。スウェーデンは予防歯科の先進国としても知られています。では、歯の健康と寝たきりとなってしまうことは、関係があるのでしょうか?

※厚生労働省平成25年介護保険事業報告書より、要介護4,5の人口が約130万人

介護が必要になる原因

内閣府の平成28年版高齢社会白書では、介護が必要になった主な原因について、1位「脳血管疾患」、2位「認知症」16.4%となっており、特に男性の「脳血管疾患」が26.3%と特に多くなっていると報告されています。

歯と脳梗塞

歯周病原因菌は、血液の流れに入り込んで血液の凝固を起こし、血液の流れを障害します。脳に到達し、血栓ができて脳梗塞が発症するのです。歯周病原因菌は、歯周病が重症になるほど血液の流れに入り込みやすくなります。

歯と認知症

歯と歯を噛み合わせた時の刺激は、脳に伝わり、脳の感覚や運動、記憶や思考、意欲を司る部位の活性化を促します。自分の歯で食物を噛むことができれば、同時に脳を刺激するという事がわかっているのです。高齢者の歯の残存数と認知症との関係から、歯が少ないと、脳が刺激が少なくなり、脳の活動に影響があるということが、東北大学の研究により明らかになりました。残っている歯が少ないほど、記憶や学習能力に関わる海馬や、意志や思考の機能を司る前頭葉の容積などが少なくなっていた事がわかりました。

日本とスウェーデンの歯の残存数比べ

日本人は、70代で残っている歯は平均で16本程度。予防歯科の進んだスウェーデンでは21本以上です。高齢になって、歯の残っている数が多いほど、自分らしさを失わず、人生の終わりの時期を過ごすことができるのです。私たちは、脳血管疾患と認知症が歯の健康ととても関係が深いことをもう知っているのです。

スウェーデンのお年寄りのような幸福な老後は、予防歯科によって実現する面があります。木更津きらら歯科は、虫歯や歯周病予防の大切さを、繰り返し、お伝えしていきたいと考えています。


←トップに戻る

カテゴリ一覧

新着一覧

 18/06/10  
ヒドロキシアパタイト配合の新デンタルケア 美歯白(びはく)
 18/06/10  
低価格・短時間で、ご自分でできるセルフホワイトニングを受付中!
 18/05/21  
むし歯や歯周病に由来する感染症
 18/05/01  
歯周病が虚血性脳卒中と関連
 18/04/20  
2018年4月22日(日)イオンモール木更津で 「TOKYO DIME presents 木更津きらら歯科CUP」開催
 18/03/24  
総合的な包括歯科治療を行います
 18/03/01  
笑顔のための歯列矯正
 18/02/14  
歯科矯正ー不正咬合(ふせいこうごう)の種類
 18/01/24  
大人の歯科矯正
 18/01/17  
子どもの歯科矯正
 17/12/24  
美しい歯列は機能美と健康美・審美を兼ね備える
 17/12/14  
当院の中谷一空が、東久邇宮国際文化褒賞を受賞いたしました。
 17/12/02  
最新入れ歯事情―インプラントで支える総義歯
 17/11/21  
インプラントという選択
 17/11/01  
スウェーデンに学ぶ幸せな老後
 17/10/17  
健康と美容のための魔法の言葉、「あいうべ体操」
 17/10/01  
フッ素の働きで虫歯予防 “チェックアップ ジェル”
 17/09/18  
歯医者に行かない10の理由
 17/08/31  
2分でツルツル! 電動歯ブラシ“ソニッケアー” のすすめ
 17/08/15  
歯周病は、心筋梗塞と脳血管疾患の原因となります