木更津きらら歯科の歯科ブログ

「お口のコンサルタント(当院の歯科医師)」による、生涯安心して健康な歯で暮らしていくためのマメ知識をご紹介いたします。

19年10月29日

歯みがきは、糖尿病の治療です


歯みがきは、糖尿病の治療なのです。いったい、どういうことなのでしょうか?

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病は、からだを動かすエネルギーとなるはずの糖分が、エネルギーにならない病気です。

糖分は、インスリンという物質を鍵として細胞にとりこまれ、エネルギーとなります。この鍵となるインスリンが足りなかったり、うまく働いてくれないと、高血糖になり、糖尿病と診断されます。

血糖コントロールの測定のめやすとなるHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)が8.4%を超えた状態をほっておくと、両足のしびれや足の感覚の麻痺からはじまり、視力の低下、失明、腎不全とからだの機能が損なわれていくのです。

初期の糖尿病は自覚症状がない

ですから、糖尿病ははやいうちに気づいて食事療法や運動療法、インスリンの注射、投薬といった治療を開始することが非常に大切なんです。

歯みがきで血糖コントロールが改善される

歯周病の治療をすると、血糖がうまくコントロールされるようになってくるという報告が多くされています。HbA1c値が非常に高かった方が、歯みがきだけで基準値以内に改善されたという報告もあるほどなんです。

どうして歯みがきが糖尿病の治療になるの?

歯周ポケットにたまった炎症に関連する物質が血流にのるとインスリンを効きにくくします。逆に、歯周病のある方が、歯肉の炎症をコントロールできれば、血糖コントロールも改善できるのです。

歯周病の治療は、細菌の温床となるプラークをしっかりとりのぞくことです。それは患者さんご自身の歯みがきでできることなのです。歯科医院で歯石をとりのぞくスケーリングも行いましょう。

歯周病や歯周病予防のための歯みがき・定期検診が、糖尿病の治療にもつながるんですね。
現代の歯科医療は、このように全身の健康に大きく関わっています。ぜひ、おぼえておいてくださいね!


←トップに戻る

カテゴリ一覧

新着一覧

 19/11/23  
世界初ヒト歯周病の歯茎で脳内老人斑成分が産生されていることが判明. 〜歯周病によるアルツハイマー型認知症への関与解明の新展開〜
 19/11/11  
あなたの歯は、いつまで持ちこたえてくれますか?
 19/10/29  
歯みがきは、糖尿病の治療です
 19/10/29  
皮膚の病気とお口の健康
 19/09/30  
親知らずは抜いたほうがいいのか? 当院ならむずかしい外科手術も安心です
 19/08/28  
夏の間に乾燥してしまったくちびるをリペア! ラシャスリップス
 19/08/28  
歯周病のせいで他の病気も多発!? ぜひ定期検診を
 19/08/05  
DNA特別講演会「口腔機能と身体 歯科医療が抱える身体への影響」
 19/07/21  
ラミネートべニアという選択
 19/07/15  
低気圧で歯が痛くなりませんか?
 19/06/09  
フッ素のお話
 19/06/03  
歯科技工士というスペシャリスト
 19/05/20  
スイーツだって我慢しない! 甘いものを楽しみながら、歯の健康を守る方法
 19/05/12  
歯科衛生士というお仕事
 19/05/05  
きれいな歯と歯のケアをする習慣は、お子様への素晴らしいプレゼント
 19/05/02  
旅行に行くならマイ歯ブラシを持参しよう!
 19/04/20  
令和の時代はすぐそこ! 平成の歯科医療をふりかえります!
 19/04/03  
人工ダイヤモンド「ジルコニア」を選択した治療
 19/03/23  
桜前線北上中。花粉症も・・・ お口の健康を守りましょう
 19/03/19  
金属アレルギーが原因でした-掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)