木更津きらら歯科の歯科ブログ

「お口のコンサルタント(当院の歯科医師)」による、生涯安心して健康な歯で暮らしていくためのマメ知識をご紹介いたします。

19年12月12日

えっ、この歯、抜かなくちゃいけないんですか⁉️


抜歯ってショックですよね。患者さんもショックを受けられますが、歯科医師も「抜歯するしかないのか・・・」と非常に残念に感じています。歯科医院ではできるだけ抜歯はしないように治療を進めますが、後悔先に立たず、ということになってしまうケースも、残念ながら、あるんです。

歯を失う理由。虫歯や歯周病がほとんどです。

神経をとらなければならなかった歯、根っこに悪いところが残っている歯を、抜かなければならなくなることが多いのです。しかも、奥歯から失われていく傾向があります。奥歯を失うと、噛みあわせが悪くなり、他の歯にも悪い影響をおよぼしていきます・・・

歯が多く残っている人は、医療費も少ない

一方、歯が多く残っている人は、歯を失った人に比べて医療費もかからないんですよ。歯の数が少ない人は全身の健康状態がよくないこと、特に循環器疾患や認知症が多いという研究結果が多数報告されています。 また歯を失う原因の第1位である歯周病が、糖尿病など生活習慣病を悪化させることもわかってきています。


年をとってからの話ではない

歯を健康に保つことが、生活習慣病などによる医療費の負担軽減に役立つのです。それも、80代の方より40代の方のほうが、歯がある人と少ない人の医療費の差が大きいのです。

歯を失うことが全身の健康を損ない、医療費の負担も多くなる。年をとってからの話では、ありません! 若い時期からの定期検診で、歯を大切にしていきましょうね!


←トップに戻る

カテゴリ一覧

新着一覧

 20/01/13  
木更津きらら歯科の訪問歯科診療
 20/01/02  
【謹賀新年】本年もよろしくお願いいたします
 19/12/30  
大ヒットのドクターズコスメ「ラシャスリップス」取り扱い中!
 19/12/20  
口腔ケアでインフルエンザ予防
 19/12/12  
えっ、この歯、抜かなくちゃいけないんですか⁉️
 19/11/23  
世界初ヒト歯周病の歯茎で脳内老人斑成分が産生されていることが判明. 〜歯周病によるアルツハイマー型認知症への関与解明の新展開〜
 19/11/11  
あなたの歯は、いつまで持ちこたえてくれますか?
 19/10/29  
歯みがきは、糖尿病の治療です
 19/10/29  
皮膚の病気とお口の健康
 19/09/30  
親知らずは抜いたほうがいいのか? 当院ならむずかしい外科手術も安心です
 19/08/28  
夏の間に乾燥してしまったくちびるをリペア! ラシャスリップス
 19/08/28  
歯周病のせいで他の病気も多発!? ぜひ定期検診を
 19/08/05  
DNA特別講演会「口腔機能と身体 歯科医療が抱える身体への影響」
 19/07/21  
ラミネートべニアという選択
 19/07/15  
低気圧で歯が痛くなりませんか?
 19/06/09  
フッ素のお話
 19/06/03  
歯科技工士というスペシャリスト
 19/05/20  
スイーツだって我慢しない! 甘いものを楽しみながら、歯の健康を守る方法
 19/05/12  
歯科衛生士というお仕事
 19/05/05  
きれいな歯と歯のケアをする習慣は、お子様への素晴らしいプレゼント