木更津きらら歯科の歯科ブログ

「お口のコンサルタント(当院の歯科医師)」による、生涯安心して健康な歯で暮らしていくためのマメ知識をご紹介いたします。

20年07月29日

感染症の水際対策



今日は、お口のケアによるウイルス感染の水際対策のおさらいです。写真は天王寺動物園のカバくん。お口のケアつながり。

お口の中とからだの関係

お口の中の状態は、感染症や免疫の機能と大きな関係があります。

  • お口の中が汚れているとウイルス感染のリスクが高くなります。
    お口の中では、細菌が持っている「タンパク質分解酵素」がウイルス感染を促進してしまいます。特に歯周病菌は大問題。ふだんの歯みがきとともに、歯科検診でお口の中のおそうじをすることも大切です。
  • お口の中が清潔だと、免疫が力を発揮します。
    全身の免疫に重要な役割を果たしているのが、腸内細菌のバランス。腸の細菌のバランスを乱してしまうのが、お口の中の細菌です。食事とともに腸に到達してしまうんです。腸内細菌のバランスが崩れると、感染症にかかりやすくなったり、さまざまな全身疾患が発症しやすくなることが知られています。
  • 歯周病に注意
    歯周病はとても危険です。歯周病の細菌は食事のたびに腸に運ばれることになり、全身の免疫力が低下する可能性があります。
  • お口の中の状態と肺炎のリスクの関係
    食べ物や唾液が気道にはいってしまう誤嚥(ごえん)。お口の中の細菌も肺にまではいってしまいます。誤嚥の可能性があるご高齢者は、お口の中を清潔にしておくことも大切です。
  • 味覚障害
    新型コロナウイルスの症状として知られる味覚障害。舌の上に多くある、味を感じ取る味蕾(みらい)細胞がウイルスによって破壊されるためのようです。お口は、体内への入り口として他の器官より先に感染すると推測されています。

ウイルス感染の予防に口腔衛生管理がかかせないことは、すでに様々な論文が発表されています。手洗いだけでなく、お口の中の清潔もお忘れなく。歯科の定期検診も活用してください!


←トップに戻る

カテゴリ一覧

新着一覧

 20/08/02  
子どもたちへの価値ある贈り物
 20/07/29  
感染症の水際対策
 20/07/20  
本日丑の日
 20/06/20  
感染症予防の強い味方「唾液」のお話です。
 20/06/08  
お子さまの口腔ケア
 20/05/08  
~新型コロナウイルスと闘うために~重症化予防のための歯科からの提言
 20/04/07  
「緊急事態宣言」木更津きらら歯科は通常どおり診療いたします
 20/04/06  
新型コロナウイルス感染症の予防対策
 20/03/30  
腸内フローラを整えて、からだの免疫力を高めましょう
 20/03/15  
ホワイトニングでライフスタイルが変わる!?
 20/02/27  
感染症予防に、正しい手洗いを
 20/02/16  
静かで痛みの少ない治療
 20/01/13  
木更津きらら歯科の訪問歯科診療
 20/01/02  
【謹賀新年】本年もよろしくお願いいたします
 19/12/30  
大ヒットのドクターズコスメ「ラシャスリップス」取り扱い中!
 19/12/20  
口腔ケアでインフルエンザ予防
 19/12/12  
えっ、この歯、抜かなくちゃいけないんですか⁉️
 19/11/23  
世界初ヒト歯周病の歯茎で脳内老人斑成分が産生されていることが判明. 〜歯周病によるアルツハイマー型認知症への関与解明の新展開〜
 19/11/11  
あなたの歯は、いつまで持ちこたえてくれますか?
 19/10/29  
歯みがきは、糖尿病の治療です