木更津きらら歯科ブログ

「お口のコンサルタント(当院の歯科医師)」による、生涯安心して健康な歯で暮らしていくためのマメ知識をご紹介いたします。

18年05月21日

むし歯や歯周病に由来する感染症



むし歯菌や歯周病菌は、いろいろな経路から全身にまわり、重大な病気をひきおこします。痛みを感じない、まだだいじょうぶ、と放置すると様々な病気のリスクが高くなるのです。

このブログでは、むし歯菌や歯周病菌に由来する病気をご紹介いたします。

1.誤謬性肺炎(ごえんせいはいえん)




喉元で食べ物と空気がうまく分岐せず、肺へ続く気道の中に食べ物が誤ってはいってしまうことがあります。その中にお口の中にはびこる細菌が混じっていたらどうなるでしょうか。お口の中の細菌は、肺にはいって誤謬性肺炎を引き起こします。

肺炎は、日本人の死因としては第3位の病気で、特に高齢の方にとってはたいへん危険です。

肺炎の原因となる菌としては、肺炎球菌が最も多いのですが、口腔内細菌も10%以上を占めています。

2.歯性菌血症(しせいきんけつしょう)

菌血症は、本来なら無菌のはずの血液の中に、細菌が見つかる状態のことを言います。歯のまわりに、細菌の住み着くプラークが付着し、歯肉に炎症が起きる歯周病は、細菌が血液にはいりこむ絶好の機会を作ってしまいます。歯性菌血症は、動脈硬化、虚血性心疾患、感染性心疾患などの心臓の病気を引き起こします。

(1)動脈硬化症、虚血性心疾患




虚血性心疾患は、心臓をとりまく冠動脈が狭くなり、心臓の筋肉に血液が送られなくなる病気です。

血液にはいった歯周病菌は動脈硬化を促す物質をだすため、血管内にプラーク(沈着物)ができ、血管が細くなります。プラークがはがれて血の塊となり、血管をつまらせるのです。

歯周病菌は、冠動脈でもプラークを作り、心臓の機能にまで影響をおよぼすのです。

(2)感染性心内膜炎



感染性心内膜炎は、心臓の内側のつるつるした膜に細菌の病巣ができる病気です。細菌の巣ははがれおちると、脳の血管に運ばれれば脳梗塞や脳動脈瘤の原因となり、他の場所の血管では感染症の原因となります。

これも、血液中の細菌から起こります。歯周病病菌は、心臓や脳の動力である、血管をつまらせるのです。

3.歯性感染症





むし歯菌や歯周病菌は、傷んだ歯の根っこや、深くなった歯周ポケットから感染し、周囲に炎症を起こします。

親知らずのまわりや、歯を支える骨、骨を覆う膜、鼻とつながっている上あごの空洞部分に感染します。感染が広がって広範囲に炎症が起きることもあります。

4.骨吸収抑制薬関連顎骨壊死

骨転移のあるがんや、骨粗鬆症の治療に使用される骨の代謝抑制剤(ビスホスネート製剤やデノスマブ製剤)が、難治性の顎の骨の壊死を起こすことが、2003年に報告されました。

当初は発症のメカニズムなど不明な点が多かったのですが、現在では、口腔内の管理が十分に行われ、歯周組織や歯の根尖(こんせん)部分の異常をきちんと治療すれば予防に効果があるとされています。

参考:「歯科領域の細菌感染症」
横浜中央病院歯科口腔外科・日本大学医学部 相澤聡一先生
日本大学医学部 相澤(小峯)志保子先生



いかがでしたか? 口腔内細菌の怖さと、口腔内のケアの大切さが伝わりましたでしょうか。

お口の中の細菌は通常なら悪さをしません。しかし、悪いところを放置していると、重大な病気を引き起こす可能性があります。

木更津きらら歯科は、お口の中のケアの大切さを知っていただき、定期検診やメインテナンスのために足を運んでいただけるよう願っています。


詳しく読む →
17年10月01日

フッ素の働きで虫歯予防 “チェックアップ ジェル”

フッ素は歯垢(プラーク)をできにくくし、歯の表面の質の修復し歯質を強化する働きがあります。お口のケアにフッ素を効果的にとりいれることで、虫歯予防に役立ちます。

いつもの歯みがきに加えて使用するフッ化物配合ジェル

チェックアップ ジェルは、研磨剤無配合のケア用ジェルです。歯が生え始めたお子様や、矯正治療中の方、歯の根っこが露出している場合など、少しだけ注意が必要な方の重点ケアにおすすめです。お子様から高齢の方まで、ライフステージに合わせたフレーバーが人気です。いつもの歯みがきにプラスして、お休み前にもご使用ください。

“チェックアップ ジェル”の特徴

  • フッ素滞留性を高めた独自の新処方。
  • フッ素が口腔内のすみずみまで広がりやすいソフトジェル。
  • 研磨剤無配合。
  • 少量洗口に適した少ない泡立ち、やさしい香味。


ライフステージに応じた3種類5つのフレーバー

乳歯の時期




Check-Up gelバナナがおすすめ!

<使用量の目安>

  • 6か月~2歳:歯ブラシに3mm程度
  • 3歳~5歳:歯ブラシに5mm以下


ティーンネイジャーから成人




ティーンネイジャーにはCheck-Up gelピーチ、グレープ、レモンティーがおすすめ!

<使用量の目安>

  • 6歳~14歳:歯ブラシに1cm程度
  • 15歳以上:歯ブラシに2cm程度


成人からシニア




15歳以上の方は、ミント味でさわやかに。

<使用量の目安>

  • 15歳以上:歯ブラシに2cm程度


“チェックアップ ジェル”の使い方







歯磨きの後に、口の中にフッ素が長く残っていることが、むし歯予防に効果を発揮します。毎日のケアでフッ素をしっかり取り入れることが、大切な歯を守るのです。ジェルなどのケア用品をうまく使ってみませんか。もっと知りたい! と思ったら、木更津きらら歯科にご来院の際にお気軽にお尋ねください。


詳しく読む →
17年09月18日

歯医者に行かない10の理由

あれ? 歯に黒くなっているところがある。歯が欠けてしまった。ちょっと歯ぐきが腫れているようだ。食事や歯みがきの際にお口の中に異変を感じたら。
あなたはすぐ、歯医者に行きますか?

あなたが歯医者に行かないわけ

もちろんあなたは、すぐ歯医者に行くことはありません。あなたが歯医者に行かない理由はたくさんあります。

  • 忙しい。
  • 歯医者が遠い。
  • 歯医者を探すのがめんどうだ。
  • そんなに痛くない。
  • 目立つわけでもない。
  • まだだいじょうぶ。
  • 普段は忘れているくらいだ。
  • 歯医者に行くと痛い治療をされる。
  • 歯医者に行くとお金がかかる。
  • とにかく歯医者が嫌い。

あなたはとても忙しい方です。歯医者に行くような取るに足りないことよりも、重要なことがたくさんあるのです。今すぐ行かなくてもだいじょうぶ。誰かがあなたに、そうささやきます!

虫歯は取るに足りないことか?

ではお口の中の異変を放置しておくとどんなことが起こるでしょうか。

1.虫歯を放置すると、歯がとけていきます。





虫歯を放置すると、歯を覆うエナメル質がとけていきます。エナメル質がとけて孔があくと、その下の象牙質もとけていきます。冷たいものや甘いものがしみることがあります。


2.痛みがひどくなります。




歯の神経(歯髄)まで虫歯が届くと、神経が炎症をおこし、ずきずきと強い痛みを感じます。


3.そのうち痛みもなくなります。





歯の上部は溶け、歯の原型はほとんどなくなり、神経が死んでしまったために痛みもなくなります。


4.他の歯に負担がかかってきます。


こうなっては、歯がなくなったのと変わりません。噛み合わせがおかしくなり、その部分をカバーしようとして他の歯に負担がかかり、他の歯にも悪い影響が出てきます。


5.顎の骨が炎症を起こします。


もっと虫歯を放置してみましょう。虫歯の原因となった菌が、顎の骨にまで到達し、顎の骨もとかします。顎の骨を切除しなければならないかもしれません。治療には外科手術が必要になってきます。


6.虫歯のせいで、死んでしまうことも。





顎の骨にまで到達した虫歯の原因菌は、血液を通してあなたのからだを流れていきます。脳や心臓に到達するし、炎症の原因ともなることもあるのです。脳卒中や心筋梗塞、基礎疾患のある方は死に至るきっかけとなってしまう場合があります。


虫歯を放置すると、こんなことが起きるのです。木更津きらら歯科は、親身なカウンセリングと適切な治療で、患者さまの健康を守ります。おかしいな? と思ったら、気軽な気持ちでご来院ください。


詳しく読む →
17年08月31日

2分でツルツル! 電動歯ブラシ“ソニッケアー” のすすめ

きちんと歯をみがきたいけれど、時間をかけたくないという方は電動歯ブラシを使ってみませんか。木更津きらら歯科では、音波水流のソニッケアーをおすすめしています。

お口の中に作り出される水流が、磨きにくいところの歯垢まで取り除いてくれるソニッケアー。2分ほどの短い時間で歯垢の除去にも口臭やステインにも効果があり、歯がツルツルになるほどきれいに手早く磨けます。

音波水流のフィリップ社ソニッケアー

ソニッケアーは、ブラシヘッドの毎分約31,000回の超高速振動と、幅広い振幅の組み合わせにより、「ダイナミッククリーニングアクション(液体流動による洗浄力)」を強力に発生。お口の中で水流が起こり、歯のすき間の歯垢まで効果的に除去します。その効果は、世界の50を超える大学・研究機関における、175件以上の臨床試験や研究により裏付けられています。

歯と歯の間

歯と歯ぐきの間

歯垢除去能力10倍! 音波水流が、歯のすき間の歯垢まで除去

こんな方におすすめ

  • 磨きのこしが気になる方
  • 虫歯・歯周病が気になる方


“音波水流”が毛先の届きにくい歯間部や奥歯などの歯垢を効果的に除去します。歯垢除去能力は手みがきに比べて最大10倍にもなります※1



歯にも、デリケートな歯ぐきにもやさしい

こんな方におすすめ

  • 歯ぐきの弱い方
  • インプラントの方


手磨きの約50%のブラシ圧で歯と歯ぐきにやさしい※2。“音波水流”が歯垢を除去、歯と歯ぐきに負担なくブラッシングできます。デリケートな歯ぐきにも安心です。



ステインを除去して、約1週間で、手磨きよりきれいで自然な白い歯に※3

こんな方におすすめ

  • 歯の黄ばみが気になる方
  • コーヒーやタバコを口にする方


『音波水流』による強力な洗浄力で、コーヒーやタバコなどによるステイン(着色汚れ)を減少させ、歯本来の自然な白さに近づけることができます。



ソニッケアーの電動歯ブラシ

お口の健康を維持するには、適切なオーラルケアが必要です。
を使用すれば、歯垢を除去し、歯肉炎などの歯周病の進行を防ぐことができます。同時に、音波水流による強力洗浄でステイン(歯の着色汚れ)を落として自然な白さへ近づけ※3、デリケートな歯と歯ぐきも優しくケアします。

歯垢除去力10倍※1
そして1週間で自然な白い歯へ※2
ダイヤモンドクリーン


お口の中の健康を保つためには、歯みがきがとても大切です。ソニッケアーで健康な歯とスッキリとした清涼感を実感してみませんか?

*1 アダプティブクリーンブラシヘッド使用時/手磨きと比べ/Milleman J, Milleman K, Argosino K, Mwatha A, Ward M, Souza S, Jenkins W, Data on file, 2014
*2 ダイヤモンドクリーンブラシヘッド使用時/2010年Colgan氏らの調査に基づく(個人差があります)
*3 2010年 英国Colgan氏らの調査に基づく(個人差があります)


詳しく読む →
17年07月31日

オーラルケアの大定番! 薬用マウスウォッシュ“コンクールF”、ジェル歯みがき“ジェルコートF”

歯周病・虫歯予防マウスウォッシュの大定番 “コンクールF”。歯みがきとしても、フッ素コート剤としても優秀な“ジェルコートF”。口コミサイトでは高評価レビューが何百件も投稿されています。あなたはもう使っていますか?

コンクールFの“F”は緑茶抽出成分・フラボノイドの“F”

お口のケアを長く続けるためには、使い心地もとっても大切。ピリピリしたり、まずいと感じてしまうようでは長続きしません。コンクールFは緑茶抽出成分・フラボノイド配合で使い心地がマイルドでさわやか。ご利用者の方々から長く支持されてきた理由のひとつです。

[効能・効果]
  • ムシ歯の発生および進行の予防、
  • 歯肉炎の予防、
  • 歯槽膿漏の予防、
  • 口臭の防止。

[主な成分]
  • グルコン酸クロルヘキシジン(殺菌剤)、
  • グリチルリチン酸アンモニウム(抗炎症剤)、
  • 緑茶抽出液(矯味剤)、
  • l-メントール(矯味剤)、
  • エタノール(溶解補助剤)


木更津きらら歯科がコンクールFをおすすめするわけ

虫歯や歯周病は、なんといっても予防が大切です。コンクールFは高い殺菌力が12時間続きます。グルコン酸クロルヘキシジンという強力な殺菌剤が使用されているからです。

使い方はかんたん。歯みがきをしてから、コップ1杯のお水にコンクールFを数滴たらして数回お口をすすぐだけ。朝の歯みがきから夕方まで、夜の歯みがきから朝の歯みがきまで、お口の中が歯周病菌や虫歯菌から守られます。強い殺菌力により、口臭にも効き目があるんです。


歯や粘膜に吸着して効果が持続します。

コンクールFの使い方

※コンクールF使用後、水ですすぐ必要はありません。

ご使用上の注意

  • 本剤又はグルコン酸クロルヘキシジンでアレルギー症状を起こしたことのある人、口の中に傷やひどいただれ等のある人は使用しないでください。
  • 使用中にじんましん、息苦しさ等の異常があらわれた場合には直ちに使用を中止し、医師、歯科医師又は薬剤師に相談してください。
  • 特に、アレルギー体質の人や、薬等で発疹等の過敏症状を経験したことのある人は、十分注意して使用してください。


ジェルコートFの“F”はフッ素の“F”

ジェルコードFは殺菌、フッ素コートするジェル歯みがきです。フッ化ナトリウム(フッ素)が歯をコートします。

[効能・効果]
  • ムシ歯の発生および進行の予防、
  • 歯肉炎の予防、
  • 口臭の防止。

[主な成分]
  • フッ化ナトリウム(フッ素950ppm)
  • 塩酸クロルヘキシジン(殺菌剤)β―グリチルレチン酸(抗炎症剤)
  • ポリリン酸ナトリウム(キレート剤)
  • キシリトール(甘味料)


ジェルコートFのここがポイント!

●発泡剤、研磨剤がはいっていません。

ジェルコートFは発泡剤、研磨剤がはいっていません。ぶくぶく泡立たず、歯の表面を傷めないため、安心して時間をかけて丁寧に歯みがきすることができます。

虫歯や歯周病の予防に大切なのはブラッシング。ブラッシングの効果が最大限に引き出される歯みがきです。電動歯ブラシ派の方にもおすすめ。

●殺菌、フッ素効果に優れています。

殺菌とフッ素のコートを両立させた、ジェル歯みがき。塩酸クロルヘキシジン(殺菌剤)、フッ化ナトリウム(フッ素)を配合しています。

みがいたあとのツルツル感は、殺菌剤やフッ素が歯をコートした証拠なんです。さわやかなミントのフレーバーでお口がすっきりさわやか、きれいになったと実感できる歯みがきです。

ジェルコートFの使い方


毎日の歯みがきに

歯みがき後のフッ素コートに




歯医者さんおすすめの“コンクールF” 、“ジェルコートF”。使ってみれば違いがわかります。歯周病、虫歯予防にお試しください。


詳しく読む →
17年07月01日

お口の中に森林の風が吹き抜けます!

「口臭が気になる」「起床時に口の中がネバネバしている」
お口の中の様々なトラブルは、全身の病気の原因となります。




お口の中のトラブルの多くは口腔内の細菌が原因。もしかしたら歯周病や虫歯になっているかもしれません。歯周病になると歯を失うだけでなく、心臓病や糖尿病などの病気にも影響を及ぼします。だからこそ、お口の中はいつも清潔に保つ必要があるのです。

ナノデンタルαクリアでお口をくちゅくちゅ




NANODENTAL α clear(ナノデンタル アルファ クリア)は、毎日のブラッシングに合わせてのご使用により、口臭などの原因となる汚れを浄化し、口腔内環境を清潔に保ちます。

使用方法
毎日のブラッシングの後、別のコップに適量(約20mL)をお口に含んで、約1分間すすいでください。




オゾン処理した富士山麓の水、ナノデンタルαクリア

ナノデンタルαクリアは無添加のマウスウォッシュ(洗口液)。富士山麓のお水をオゾン処理したものです。オゾンは強力な除菌・脱臭力を持ち、地球に優しい物質で、医療や介護、酪農・食品など様々な分野で活躍しています。地球をとりまき、私たちを有害な紫外線から守ってくれるオゾン層のことを思い浮かべてみてください。森林のさわやかな匂いはオゾンの匂いなのです。

ナノデンタルαクリアのナノは、ナノバブルのナノ

直径100ナノメートル(10億分の1メートル、100万分の1ミリ)の超微小なオゾンの気泡を含んでいるお水が、ナノデンタルαクリアの正体。このオゾンの気泡を含む水は、体に無害で、薬剤とは異なり耐性菌を出現させる心配もありません。うがいだけで、歯肉炎にも効果があがると言われています。

環境にやさしいエコテクノロジー




地球温暖化をはじめ人類は様々な環境問題とむきあっています。環境問題を解決するエコテクノロジーは日本の得意分野。微小な泡(バブル)の研究もそのひとつです。

微小な泡には不思議な力があるようです。オゾンを含むナノバブルは強い殺菌作用があり、農薬を使わない農業や抗生物質を使わない養殖にも応用できます。塩分濃度1%の水に酸素ナノバブルを供給すると、そこでは生き続けるはずのない淡水魚が、海水魚とともに長く同居できることがわかりました。2005年の愛知万博で話題となった展示です。

さわやか! あなたのお口の中に森林の風が吹き抜けます!

オゾン処理された富士山麓の水“ナノデンタルαクリア”でお口をくちゅくちゅしたら、あなたのお口の中に森林の風が吹き抜けます! 定期検診で歯石をとりのぞき、虫歯や歯周病の治療をしたうえで、毎日の歯磨きのあとにお使いください。

エコテクノロジーは現代の私たちの生活になくてはならない技術。歯科医療も例外ではありません。木更津きらら歯科では、最新の技術をとりいれ、患者様のお役にたちたいと考えています。


詳しく読む →
17年05月26日

予防歯科が国を変えた

あなたのお口の中の健康が、国を変えてしまうこともあると、 お気づきですか? 人生において1億円の価値があるとも言われる、大切な歯を守るお話です。

虫歯大国ニッポン

日本は先進国でも特に虫歯が多い国として知られています。30歳ぐらいまでには、虫歯になっている歯や虫歯等で治療したことのある歯が一人あたり平均10本もあります。45歳頃までには、半分近くの歯が虫歯になってしまい、さらに日本人の約8割は歯周病に感染していると言われています。

遅れている日本の歯科臨床

1960年代から1970年代の日本の歯科医療は、欧米に比べてたいへん遅れていました。良い歯医者さんとは、虫歯を修復し、入れ歯や冠(かぶせ物)によって歯の働きを補う技術の優れている歯科医のことでした。現在でも、「歯医者は歯が悪くなった時に行くところ」と考える方が多くいらっしゃるようです。定期的に歯科検診に通う人は、まだまだ限られているのが現状です。

健康寿命の長くない国、日本

近年、お口の中の健康は全身の病気と重要な関係があることがわかってきました。歯周病菌は、糖尿病、心臓病・肺炎・低体重児出産・骨粗しょう症との関連が注目されています。日本は長寿の国であるにも関わらず、健康的に暮らせる健康寿命はそれほど長くないと言われています。それは日本人の口腔内の状態と関係があるとも言えるのです。

「予防歯科」で変わった国、フィンランド

歯科医療は、治療だけでなく予防が大切なのです。フィンランドは、21世紀の資本は「人間そのもの」という考えのもと教育や福祉に力を入れていますが、それと平行して「予防歯科」という意識を国全体に定着させました。身体全体の健康に大きな影響を与える歯を、悪くなる前に予防することに力を入れたのです。こうした政策をとりいれた結果、貧しかった国は、ドイツやフランスなどの先進国を追い越すほどに、国民一人ひとりの生産性を高めることに成功しました。

自分へ投資する国、アメリカ

アメリカのビジネスマンは、どんなに忙しくても歯医者には通いますし、どれだけお酒を飲んでも歯だけはしっかり磨いて寝るそうです。自分の体調管理ができない人は尊敬されないからです。デンタルケアもそのひとつ。歯のケアに費やすお金は、日本人男性が1年間で平均6,000円なのに対して、アメリカ人男性は3万6,000円。実に6倍のお金と、そして時間を、歯のために投資しているのです。

信頼できる歯医者の選び方

歯科医療のありかたは大きく変わってきました。歯科医の役目は、虫歯の治療だけではなく、患者様の全身が健やかであるようにサポートすることです。歯は一度削ったり抜いたりしたら、二度ともとにはもどりません。木更津きらら歯科は、予防につとめ、歯のメインテナンスに心を配り、患者様の自然な歯が健全に機能する手助けをする歯医者でありたいと考えています。


詳しく読む →