木更津きらら歯科の歯科ブログ

「お口のコンサルタント(当院の歯科医師)」による、生涯安心して健康な歯で暮らしていくためのマメ知識をご紹介いたします。

17年11月21日

インプラントという選択

歯科インプラントは、歯を失った部分の歯ぐきと骨の中に、人工歯根を埋め込む治療法です。現在では研究も進み、歯を失った場合の治療法の選択肢のひとつとして存在感を増しています。今回は、部分的に歯を失った場合の事例をご紹介します。

健康な歯を守るために

歯を失った場合、一般的な治療法としてブリッジや部分入れ歯という修復治療があります。しかし、これらの方法は、残った歯に負担がかかります。歯周病などで、残った歯が弱っていると、その歯の寿命も短くなってしまいます。

ブリッジで失った歯を補う

一般的に、失った歯を補うためには、両サイドの歯を削ってブリッジという冠をかぶせます。

ブリッジの長所は、保険が適用できるので安価に治療できること。また治療期間が短くてすみ、早くまた噛むことができるようになる点です。

欠点は、ブリッジを支えるために、両サイドの歯を削る必要があることです。例えばこのように1本歯がない場合は3本の繋がったブリッジを2本の歯で支えなければいけなくなり、2本の歯に3本分の負担がかかり、歯が折れたりと歯の寿命が短くなりやすいのです。健康な歯であれば削らないにこしたことはありません。

インプラント治療という選択



患者さまがインプラント治療を選択する大きな理由のひとつとして、「健康な歯を削りたくない」というものがあります。

歯は削って治療したところから崩壊していくため、長期的に考えるとインプラントのほうがお口の中の健康を長く保つことができるのです。

インプラント治療は、よい歯を残し、お口の中の健康を維持するためには適切な選択なのです。

インプラント治療には高度な技術と経験が必要です。

こちらは当院で治療した患者さまの例です。

交通事故による前歯の欠損に対するインプラント治療
20代女性
※保険外診療(自由診療)
35万円(税抜)〜


Before


After

審美的にも美しく修復することができました。
前歯の場合、歯を支える骨が薄く、歯を失ってから数か月たつと骨が吸収され、インプラント治療には条件が悪いことが多いのです。骨を作る手術や、歯肉の移植を組み合わせることもあり、高度な技術と経験が必要です。

インプラントの進化

90年代以降、インプラントに関する様々な論文や調査が発表され、現在では永続性のある信頼できる治療法であることが認められています。またインプラントを支える骨を作る手術や、素材も進化し、CTスキャンによって治療計画の精度も著しく向上しました。失った歯をとりもどすためにインプラントという選択肢をお考えなら、当院にご相談ください。

木更津きらら歯科では、大学病院のインプラント科に所属経歴のある、日本口腔インプラント学会専修医、専門医、指導医が在籍しています。他院で行われたインプラント治療のリカバリーも症例に合わせて行える設備、知識、経験がございます。どうぞ安心してご相談ください。


←トップに戻る

カテゴリ一覧

新着一覧

 21/10/03  
歯周炎はCOVID-19合併症のリスク因子
 21/09/23  
日本摂食支援協会の基礎実習コース
 21/09/16  
口腔がん検診
 21/09/14  
コロナ禍での歯みがき
 21/08/31  
サポートを必要とする方の口腔ケア
 21/08/21  
マスク生活で口呼吸になっていませんか? 
 21/08/02  
歯みがきで感染症予防
 21/07/03  
産業歯科医の認定を受けました
 21/07/07  
新しいスタッフをご紹介します
 21/06/25  
「木更津の訪問歯科相談センター」WEBサイトを開設しました。
 21/06/10  
認知症と口腔ケア
 21/05/29  
絵本でおしゃぶりがやめられた!
 21/05/16  
大人の乳歯とフィンランドの口腔ケア習慣
 21/05/09  
ウィズコロナ時代の歯のみがき方
 21/05/04  
歯科の感染対策。木更津きらら歯科はGWも診療します。
 21/04/25  
健康な方の口腔内には、「口腔粘膜の感染に対する抵抗性」があるんです
 21/04/18  
マスク生活で「口臭」が気になりませんか?
 21/03/21  
歯みがきで感染症予防
 21/03/10  
東日本大震災から10年
 21/02/19  
1歳6か月検診に行ってまいりました