木更津きらら歯科の歯科ブログ

「お口のコンサルタント(当院の歯科医師)」による、生涯安心して健康な歯で暮らしていくためのマメ知識をご紹介いたします。

22年04月23日

オールセラミックとジルコニア

オールセラミックは、近年著しく発達した歯科治療法のひとつです。金属やプラスチックを使わず、その名のとおりセラミック素材のみで被せものをつくります。なかでもジルコニアという素材はダイヤモンドと似た性質をもち、強度と審美性にすぐれています。ジルコニアオールセラミックは、セラミック治療の主流となっています。


■セラミック治療がふさわしい場面

セラミック素材の選択には、治療する内容や、歯のある場所によって変わります。奥歯には強度の強い素材がふさわしく、前歯や目立つところなら審美性も求められます。またつめものをする場合と、被せものをする場合でも違ってきます。

■つめものをする場合

むし歯の進み具合により、治療はなるべく患者さまの歯質を残すことを考えます。けずる部分がごく小さい場合、コンポレットレジンというプラスチック素材で対応できます。こちらは保険の適用範囲で治療できます。

もう少し大きくなると、インレーと呼ばれる技工物のつめものが必要になってきます。インレーは前から4番目から7番目の歯に行いますので、強度も必要なため、ジルコニアインレーを推奨しています。10年ほど前には、ジルコニアという素材の加工の精度があまりよくなかったのですが、近年は加工の精度があがり強度面からも自信をもっておすすめできます。

もっと大きいむし歯になると、歯の全体に被せる被せものを作ります。これはクラウンと呼ばれます。

■ブリッジの場合

ブリッジも同様に、強度の求められる奥歯はジルコニア、加えて審美性も求められる前歯はジルコニアオールセラミックを推奨いたします。

■からだに負担をかけない治療

セラミックの特徴のひとつは、身体への負担の少なさです。金属が継続的にお口の中にあるのは、本当は、少し心配なところもあるんです。金属アレルギーの原因になることもあります。正直申しまして、歯科医は自分の家族の治療に銀歯を使用することには抵抗があります。からだに負担がかかることがわかっているからなんです。セラミック素材はお口の中で化学反応を起こしません。安定して、安全な状態を保つことができます。

■歯科治療に求められる審美性

そして審美性については言うまでもありません。セラミック素材は自然な歯のような透明感があり、変色がほとんどありません。歯と歯茎の境目が黒ずむこともありません。

■セラミック治療のデメリット

こんな素晴らしい素材なのですが、デメリットは、保険が適用されず治療費がかさんでしまうことです。日本の保険制度は素晴らしく、費用を抑えて治療を受けることができます。それでもやはり、保険が適用される治療の範囲や素材には限界があるのも事実なんです。

歯は一生私たちを支えてくれるもの。自分の健康への投資と考えて、治療の素材選びも検討いただけたらと思います。ご興味がありましたらぜひご相談ください。


←トップに戻る

カテゴリ一覧

新着一覧

 22/06/30  
フッ素ケアの効果
 22/06/29  
ワイヤー矯正(マルチブラケット法)
 22/06/28  
自分にあった矯正方法
 22/06/27  
マスク生活で口臭が気になる! からだの大事なサインです
 22/06/26  
木更津きらら歯科のホワイトニング
 22/06/24  
免疫力アップでむし歯・歯周病予防
 22/05/31  
国民皆歯科健診
 22/05/30  
当院は厚生労働省認定の「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」です
 22/05/29  
デンタルフロスのすすめ
 22/05/26  
歯間ブラシのすすめ
 22/05/13  
矯正の検討が必要な歯並び
 22/05/10  
理想の歯並び
 22/04/30  
コンポジットレジン充填
 22/04/28  
むし歯はほおっておかないで!
 22/04/27  
歯科衛生士勉強会
 22/04/26  
ジルコニアを使用した症例
 22/04/23  
オールセラミックとジルコニア
 22/04/17  
歯周病と糖尿病
 22/04/11  
歯科医がこだわりぬいた歯みがき TOOTH & PEACE
 22/03/17  
訪問歯科診療にうかがいました