木更津きらら歯科の歯科ブログ

「お口のコンサルタント(当院の歯科医師)」による、生涯安心して健康な歯で暮らしていくためのマメ知識をご紹介いたします。

22年05月31日

国民皆歯科健診

政府が全国民に毎年の歯科健診を義務付ける「国民皆歯科健診」の導入に向け、検討を始めるということです。6月上旬にまとめる経済財政運営の指針「骨太の方針」に明記するそうです。

「義務化」という言葉に抵抗をお感じの方もいらっしゃるかもしれませんが、歯科医の立場からは、国民のみなさまが定期的に歯科健診を受けるようになったら、歯の状態、高齢者の健康、歯周病や歯周病によってリスクの高まる脳卒中などの重大な病気に対して、素晴らしい効果をあげるだろうと確信しています。

予防意識の低い日本の歯科事情

日本では、「歯医者は痛くなったら行くところ」という意識が強くあります。保険制度が充実していることも関係あるかもしれません。その結果、80歳の方の持っている自分の歯は13本程度です。ほとんどの方が入れ歯などの技工物を利用して食物を食べているのです。

一方、予防歯科先進国と言われるフィンランド、スウェーデン、ノルウェーといった北欧の国々では、80歳の高齢者でも自分の歯が平均20本以上あり、自分の歯で食物を噛んで食べることができます。子供達はほとんど虫歯がありません。

日本では、予防のための歯科受診率は5%程度。北欧では9割前後の方たちが受診します。ほとんど全国民が歯科定期健診を受けているといってもいいと思います。日本人の歯科における予防意識は、先進諸外国と比較すると、まだまだ低いのです。


歯の健康と全身の健康

65歳以上になると、ご自分の歯が多く残っているほど、健康を保ち、入院回数が少ないことが明らかになっています。逆に、歯周病は、心筋梗塞と脳血管疾患の原因となることもわかっています。糖尿病の合併症など重大な病気にもつながるリスクがあるのです。

国民皆歯科健診

口腔内の健康は全身の健康に大きく関係があり、高齢になってからの暮らしにも大きな影響を与えます。健康であれば医療費も少なくてすみます。歯科医療に携わる者のこの思いがひとりでも多くの方に伝わることを願っています。

「国民皆歯科健診」という考えはやっと検討の議題になったというところであり、様々な課題やいろいろな意見があることと思います。例えば、職場の健康診断で唾液を提出してもらい、歯周病などの可能性がある人に受診を促すといったアイディアがあるようです。

どういった形になるにせよ、予防歯科で健康を守るという考え方のもと、検討がはじめられることを心から歓迎します。皆様もぜひこの機会に、「予防歯科」について考えてみてください!


←トップに戻る

カテゴリ一覧

新着一覧

 22/06/30  
フッ素ケアの効果
 22/06/29  
ワイヤー矯正(マルチブラケット法)
 22/06/28  
自分にあった矯正方法
 22/06/27  
マスク生活で口臭が気になる! からだの大事なサインです
 22/06/26  
木更津きらら歯科のホワイトニング
 22/06/24  
免疫力アップでむし歯・歯周病予防
 22/05/31  
国民皆歯科健診
 22/05/30  
当院は厚生労働省認定の「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」です
 22/05/29  
デンタルフロスのすすめ
 22/05/26  
歯間ブラシのすすめ
 22/05/13  
矯正の検討が必要な歯並び
 22/05/10  
理想の歯並び
 22/04/30  
コンポジットレジン充填
 22/04/28  
むし歯はほおっておかないで!
 22/04/27  
歯科衛生士勉強会
 22/04/26  
ジルコニアを使用した症例
 22/04/23  
オールセラミックとジルコニア
 22/04/17  
歯周病と糖尿病
 22/04/11  
歯科医がこだわりぬいた歯みがき TOOTH & PEACE
 22/03/17  
訪問歯科診療にうかがいました