木更津きらら歯科の歯科ブログ

「お口のコンサルタント(当院の歯科医師)」による、生涯安心して健康な歯で暮らしていくためのマメ知識をご紹介いたします。

22年06月30日

フッ素ケアの効果


フッ素塗布は、効果的なむし歯予防法です。予防歯科先進国である欧米では、年齢を問わず広く行われています。木更津きらら歯科は厚生労働省の「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」の認定を受けているため、初期のむし歯治療をした場合に保険診療でフッ素塗布を行うことができます。

■フッ素ケアの効果

フッ素ケアとは歯にフッ素を塗布して歯を丈夫にし、むし歯になりにくくする予防法の一種です。フッ素塗布には次のような効果があり、どの年代の方にとっても有効です。

  • 歯が溶けにくくなります。
    むし歯の原因菌によって作られる酸は、歯を溶かしてしまいます。フッ素コートが歯を酸から守ります。
  • 再石灰化を促します。
    食事によって酸性に傾いたお口の中では、歯からカルシウムやリンが溶け出している状態です。フッ素は、カルシウムやリンが歯に戻し、再石灰化を促します。
  • 細菌の活動を抑制します。
    歯垢の中に潜んでいる細菌から酸が生み出されるのを抑制することです。

■お子さまにとっての必要性

お子さまの歯は大人の永久歯に比べて歯が溶けやすく、むし歯になりやすいのです。早めのフッ素ケアをおすすめします。

■大人はむし歯の再発予防に有効

大人の歯にとっては、むし歯の再発防止と、歯ぐきを守る効果があります。加齢や歯周病によって歯ぐきがさがると、歯の弱い部分が露出してしまいます。フッ素コートは、歯を守り、初期虫歯になってしまった歯の表面を再石灰化する働きが期待できます。

■フッ素ケアの安全性

フッ素は天然の成分で、お肉や魚、野菜などの食物や水や土にも含まれる天然の成分です。歯科で使用するフッ素は、フッ素化合物と呼ばれる化学物質です。

■歯みがき剤でフッ素ケア

歯みがき剤を選ぶときに、フッ素が配合されているか気にかけてみてください。2017年、厚生労働省がフッ素の配合濃度として従来の上限1000ppmを1500ppmに引き上げました。むし歯予防の効果を期待してのことです。

歯みがき剤に配合されているフッ素によってむし歯予防につなげるためには、歯みがきにちょっとしたコツがあります。

  • 歯みがき剤は毛先の2/3以上。意外と多めです。
  • ブラッシングは2分以上、時間をかけて。
  • うがいは少量の水で流しすぎないように。
  • みがいたあとは2時間程度、食事を控える。

当院では人気のジェル状歯みがき「コンクール/ジェルコートF」を取り扱っています。


むし歯、歯周病予防に、歯を守るフッ素ケアを上手に活用してくださいね。


←トップに戻る

カテゴリ一覧

新着一覧

 22/08/01  
TOKYO DIMEのバスケがうまくなる出張クリニック
 22/07/31  
歯冠長延長術(クラウンレングスニング)
 22/07/30  
歯科医が考えるお口の中の夏バテ対策
 22/07/29  
舌側矯正(リンガル矯正)
 22/07/28  
カンナビジオール(CBD)の働き
 22/07/27  
「おしごと年鑑2022」歯医者のお仕事
 22/07/25  
唾液中のタンパク質が感染を阻止
 22/06/30  
フッ素ケアの効果
 22/06/29  
ワイヤー矯正(マルチブラケット法)
 22/06/28  
自分にあった矯正方法
 22/06/27  
マスク生活で口臭が気になる! からだの大事なサインです
 22/06/26  
木更津きらら歯科のホワイトニング
 22/06/24  
免疫力アップでむし歯・歯周病予防
 22/05/31  
国民皆歯科健診
 22/05/30  
当院は厚生労働省認定の「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」です
 22/05/29  
デンタルフロスのすすめ
 22/05/26  
歯間ブラシのすすめ
 22/05/13  
矯正の検討が必要な歯並び
 22/05/10  
理想の歯並び
 22/04/30  
コンポジットレジン充填