一般歯科 むし歯治療/歯周病治療/欠損治療/知覚過敏症治療/口内炎治療/歯ぎしり・食いしばり

一般歯科

一般歯科ではむし歯・歯周病等の、お口の一般的な病気、トラブルの治療を保険適用内で施します。

一般歯科では、よく知られているお口の病気のむし歯・歯周病・知覚過敏や、歯が欠損してしまった部位への義歯(入れ歯)の作製や抜歯等の治療を、保険が適用される範囲で行います。
お口の中の病気は、初期には自覚症状がないことも多く、自覚症状が出る頃には、症状が深刻化してしまっていることも少なくありません。おかしいな? と感じたら早めにご来院ください。

自由診療について

保険適用内での診療・治療には限界があります。治療に使用する素材の強度、美しさ、耐久性などをさらにお求めになる場合、自由診療(保険適用外)での治療が適していることもあります。患者さまのご要望によりご提案させていただきます。

むし歯治療

むし歯は感染症です。ミュータンス菌という細菌が、プラーク(歯垢)となって歯にこびりつき、糖質と結びついて酸をつくります。その酸が、歯の成分を溶かしてもろくしてしまいます。むし歯の初期段階では痛みを感じませんが、歯の内側の象牙質に進行すると冷たいものがしみるようになり、神経まで進むと激痛を感じるようになります。最終的には神経まで破壊され、そのまま進行すると歯を抜かなければならなくなります。
むし歯は初期での治療は負担が軽くてすみます。少しでも違和感を感じたら、受診されることをおすすめします。

コンポレットレジン充填

かけてしまった部分を修復したり、初期の虫歯を少しだけけずって詰め物をします。
最も多く使用される素材は、コンポレットレジンという紫外線照射によって固まるプラスチック製の素材です。カラーが多数あり、重ね合わせて使用することで自然な仕上がりに近くなるように調整できます。コンポレットレジンを使用して修復する治療法をコンポレットレジン充填と言います。

自由診療においては、審美的に欠けている個所を整えることにも使われる素材です。

コンポレットレジンの使用例

詰め物をする

コンポレットレジンも詰め物の1種ですが、範囲が大きい場合は「インレー」を選択します。インレーとは、臼歯(奥歯)の比較的小さなむし歯などで削った歯の空洞に詰める修復物です。保険適用の範囲内では、金属の素材を使用します。審美性を求める場合には、自由診療でセラミックスなどのインレーを選択することもできます。

いろいろなインレーについて

かぶせる

大きな虫歯や根管治療の場合、歯を削った後にクラウンと呼ばれる人工歯を被せます。「差し歯」や「被せ物」などとも言われます。歯全体を覆うクラウン、歯の一部を覆うクラウンがあります。保険診療では金属製のクラウンを使用します。一般的に「銀歯」と呼ばれるものです。自由診療では、美しく体に優しいセラミックスや体に優しいゴールドのクラウンを選択することもできます。

クラウンの種類について

 

いろいろな白い歯について

根っこを治す

神経治療(根管治療)では、歯の根っこの神経の通っている管を掃除します。神経を取り除いたあとの空洞になった管や、死んでしまった神経の空洞に細菌がはいりこむと、膿の袋ができ、さらに腫れや痛みを引き起こします。最初は痛みを感じず、レントゲンでなければ発見できません。神経治療(根管治療)は空洞の管の中をきれいに掃除し、細菌がはいらないように薬をつめます。こうすることで、歯が長持ちします。

抜歯

症状によってはどうしても抜歯をしなくてはならない場合もあります。歯の根の先に膿がたまったり、重度の歯周病の場合、痛いだけではなく周囲の骨やときには全身に悪影響がでてくることがあります。また横向きに生えたり傾いて生えてきたりする親知らずは、歯周病の原因となりやすいので抜歯したほうがよいことが多くあります。当院では外科手術に対応できるオペ室を完備し、抜歯などの外科手術にも対応します。

口腔外科はこちら

神経を残し、歯を抜かない保存治療

むし歯が進行してしまっても、神経を安易にとることは望ましくありません。
痛みを感じなくなり、むし歯に気づきにくくなる、歯がもろくなる、歯が黒く変色する、根っこが悪くなりやすく、歯を失う時期が早くなってしまう、などの弊害があります。
当院では神経を残し、歯を抜かない保存治療を心がけています。

予防

むし歯は予防できる病気です。患者さまご自身でできる日常のケアや、当院で定期的な歯のお掃除を行い、むし歯の原因となるプラーク(歯垢)をコントロールしましょう。
当院では、定期検診やプロによる歯のお掃除、大人・お子さまの患者さまのフッ素塗布も行っています。

予防歯科はこちら

小児歯科はこちら

症例

          

コンポジットレジンの使用例

女性Dさん(20代 ※当院のスタッフ)
前歯の隙間が気になることに対する審美歯科治療
※保険外診療(自由診療)
1本15000円(税抜)〜

自由診療のコンポレットレジン充填で、すきまのあった歯ならびを整えました。
コンポレットレジンは、前歯や奥歯の小さいむし歯治療などに使われる白いプラスチックの詰め物のことです。
自由診療では色調が豊富なため、色が合わせやすく自然な色合いを再現することが可能です。

歯周病治療

歯周病は、歯ぐき(歯肉)や歯を支える骨(歯槽骨)をとかしてしまう病気です。痛みなどの自覚症状がなく、気がついたときには歯が抜け落ちてしまう寸前だった…ということも起こりかねません。歯磨きが不十分で、歯と歯肉の間に細菌が住み着いてプラーク(歯垢)がたまると、そこに炎症が引き起こされます。これが歯周病のはじまりです。歯周病原因菌は歯肉から容易に全身にまわり、心臓疾患・脳血管疾患を引き起こす原因にもなります。

初期の歯周病は、保険の適用する範囲できちんとした検査を行い、細菌を掃除し、正しい歯磨きの習慣をつけることで治すことができます。

詳しくはこちら

欠損治療

事故やむし歯、歯周病などで歯を失われた方には、人工歯を装着する治療を行います。患者さまのお口の状況により、ブリッジ治療・義歯(入れ歯)・インプラント義歯(自由診療)作製のうち適切な方法を選択します。

義歯(入れ歯)

部分義歯と総義歯があります。
部分義歯は、人工床に人工歯をとりつけた歯を、金具で両隣の歯に固定するものです。保険適用範囲では、樹脂床を針金で取り付けるものとなります。
歯が全て失われた場合には、歯ぐきで支える義床に人工歯をとりつけた総義歯(総入れ歯)を作製します。総義歯は保険の適用範囲の治療では、全体が樹脂性のものとなります。
自由診療では、ばねのない部分義歯を作製することも可能です。

いろいろな義歯について

モデルケース:ばねのない部分義歯

ブリッジ

失った歯が1~数本の場合、歯を失った箇所の両隣の歯を削って支台とし、連結した支台と欠損部を連結した形でのクラウンを橋のように渡す形で被せます。違和感は少ないのですが、両隣の歯を削る必要があるため、力の関係上、両隣の歯の負担が大きくなります。また汚れがたまりやすいという面もあります。

※奥歯のブリッジ治療を保険で行う場合は、連結したクラウンは金属製のみです。

いろいろな白い歯

インプラントによる欠損治療(自由診療)

歯や根そのものが失われた場合場合は、差し歯もブリッジもできません。義歯は保険診療が可能な反面、どうしても違和感や痛みが伴いがちです。そのようなときの第三の治療法として、インプラント治療を選択することができます。

インプラントについて

症例

          

ばねのない部分義歯の使用例

女性 Mさん(60代)
ばねのない部分義歯〈自由診療)

ばねで隣の歯に装着する義歯は保険の範囲で作製できますが、どうしてもバネをかける健康な歯に負担がかってしまいます。
自由診療で、ばねのない義歯を作製することも可能です。歯が長持ちし見栄えもよく義歯を装着していると気づかれません。

知覚過敏症治療

レーザー機器
知覚過敏症

歯は神経を象牙質が覆い、一番外側をエナメル質が覆っていますが、象牙質が露出するとむし歯や炎症などがなくても一過性の痛みを感じることがあります。事故や、エナメル質を溶かす酸性の食物を過剰に摂取した場合や、加齢により歯肉がさがって根本のエナメル質のない部分が露出した場合などが考えられます。
治療としてはエナメル質にかわる薬剤を塗布したり、コンポレットレジンを詰めたりする方法があります。刺激を抑制し、症状を軽減するレーザー治療にも対応しています。

口内炎治療

口内炎の治療には、実は歯科が一番適切です。口内炎は多くの場合、自然となおるので、わざわざ病院で診てもらわなくても…とお考えの方も多いのですが、ウィルス感染、むし歯や義歯(入れ歯)の装着に由来するもの、もっと重大な病気の前触れのこともありますので、ご来院いただければ安心です。当院ではレーザー治療にも塗り薬での治療にも対応しています。

歯ぎしり・食いしばり

眠っているときに家族に歯ぎしりを指摘されたことはありませんか。
歯ぎしりをすると、歯がすり減り、歯が揺れます。放っておくと歯が欠けたり、顎の骨や歯ぐきも傷んできます。歯ぎしりの原因はほとんどがストレスです。ストレスから解放されれば一番いいのですが、まずは歯を守ることを考えます。患者さまのお口にあったマウスピースを作製して、就寝時に装着していただくことで歯にかかる負担を軽減します。
マウスピース作製は保険診療の範囲内で行うことができます。

その他の症例

女性Cさん(20代)

ブライダル前に来院。前歯の色が気になることに対する審美歯科治療
※このケースは保険診療

Before
After
男性Kさん(30代)

歯の痛み・歯ぐきの腫れに対する歯内療法 (根の治療)
※保険診療
他院では抜歯と診断された歯を残すことができました。

Before
3 Months later (3ヶ月後)

6 Months later (6ヶ月後)
男性Mさん(70代)

重度歯周病に対する歯周病治療・欠損治療(義歯作成)・口臭治療
うまく噛めない、口臭がある、見た目がよくないなどでお悩みでした。保険診療の範囲内で、義歯を作製し、改善しました。

Before
After

料金

一般歯科は保険の適用範囲内で受診できます。

※自由診療で10,000円以上のお支払いの場合、各種クレジットカードをご利用いただけます。

 

一般歯科のお問い合わせ・ご予約


ご予約電話番号0438-37-6487|年中無休10時〜20時(最終受付19:30)

フォームから無料相談・ご予約を行う場合

無料相談・ご予約フォームはこちら

木更津きらら歯科

住所: 〒292-0835
千葉県木更津市築地1番4 イオンモール木更津2階

木更津きらら歯科