木更津きらら歯科の歯科ブログ

「お口のコンサルタント(当院の歯科医師)」による、生涯安心して健康な歯で暮らしていくためのマメ知識をご紹介いたします。

19年04月20日

令和の時代はすぐそこ! 平成の歯科医療をふりかえります!



令和の時代はすぐそこ‼️ 平成の歯科医療をふりかえってみましょう。

■修復から予防へ

平成の時代に、大きく変わったのは、なによりも「予防歯科」に対する考え方でした。昭和の時代の歯科医療は「修復」が中心だったのです。

また、口腔内の健康は全身の健康に大きくかかわっていることを裏付ける調査結果も各国で多数発表されています。「歯科衛生士」たちの活躍も、忘れることはできません。

■技術の進化

30年の間に歯科医療の技術は著しく進化しました。木更津きらら歯科は最新技術・設備を積極的にとりいれています。昭和の時代のイメージで、治療に懸念をお持ちでしたら、ぜひ一度ご相談ください。

顕微鏡を使った治療



平成6年(1994年)、日本で初めて顕微鏡を使った歯科治療が行われました。顕微鏡(マイクロスコープ)を使うと、患部は30倍に拡大され、 根管治療の精度が格段にアップします。日本での導入率は、10%程度、木更津きらら歯科では、昨年、導入いたしました。

インプラントの進化



平成の時代、インプラント治療は、骨移植といった再生治療の進化と共に向上してきました。素材も進化し、機能面だけではなく審美的にも優れたものとなり、CTスキャンによって治療計画の精度も著しく向上しています。

マウスピース矯正の登場



歯科矯正といえばワイヤー矯正でしたが、そこにマウスピースを装着する矯正方法が登場しました。当院でご提供するのはアライン・テクノロジー社のインビザライン。日本では平成18年に治療が開始され、平成24年には口腔内スキャナー「iTero」が導入されました。

■災害の時代

そして・・・ 平成は災害の時代でもありました。被災地でも歯科医師、歯科衛生士による口腔ケアは続けられています。最後に、東日本大震災で検死に携わった歯科医師の衝撃的なインタビューをご紹介します。

東日本大震災ーGReeeeNリーダーの歯科医師が見たもの



身元を確認するためには、歯の治療痕や歯型での確認が確実性が高く、歯科医師の力が求められます。ボーカルグループGReeeeNのリーダーのHIDEさんは福島県出身の歯科医師でもあり、ご遺体の検死に携わり、このときだけニュース番組の取材に応じています。

放射線物質を浴び、取り残されていた多くのご遺体を、防護服を着て検死したHIDEさん。土でいっぱいになったお口の中を、「早くご家族にあわせてあげたい」という一心で見させていただいたそうです。

長いようで短かった31年。みなさまの平成は、どんな時代でしたか? 木更津きらら歯科は、歯科医療をとおしてみなさまの健康で幸せな生活をお手伝いしたいと願っています。令和の時代にも、どうぞよろしくお願いいたします。


←トップに戻る

カテゴリ一覧

新着一覧

 21/06/10  
認知症と口腔ケア
 21/05/29  
絵本でおしゃぶりがやめられた!
 21/05/16  
大人の乳歯とフィンランドの口腔ケア習慣
 21/05/09  
ウィズコロナ時代の歯のみがき方
 21/05/04  
歯科の感染対策。木更津きらら歯科はGWも診療します。
 21/04/25  
健康な方の口腔内には、「口腔粘膜の感染に対する抵抗性」があるんです
 21/04/18  
マスク生活で「口臭」が気になりませんか?
 21/03/21  
歯みがきで感染症予防
 21/03/10  
東日本大震災から10年
 21/02/19  
1歳6か月検診に行ってまいりました
 21/02/17  
木更津のいちご狩り
 21/02/08  
予防歯科先進国スウェーデンのテペ(TePe)歯ブラシ
 21/01/27  
口腔ケアでコロナ・肺炎の予防につなげる
 21/01/17  
みんなで感染症をのりこえよう
 21/01/10  
マスクの中でストレッチ! 簡単口腔体操
 20/12/20  
知覚過敏にお悩みの方へ「メルサージュ ヒスケア」
 20/11/30  
木更津のクリスマス
 20/11/19  
コンクールFで歯周病予防。感染症対策にも。
 20/10/04  
歯周病菌を撃退! 3DS(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)
 20/09/17  
赤ちゃんの、ファ一スト歯ブラシ30日間。