木更津きらら歯科の歯科ブログ

「お口のコンサルタント(当院の歯科医師)」による、生涯安心して健康な歯で暮らしていくためのマメ知識をご紹介いたします。

22年05月26日

歯間ブラシのすすめ

歯みがきを補助する歯科用品として、歯間ブラシがあります。歯みがきをきちんとしているつもりなのに、歯ぐきから出血がある。むし歯を繰り返してしまう。そんな方は歯みがきの際に、食べかすが残ってしまう部分があるのかもしれません。


歯と歯のあいだがひろいとき-歯間ブラシ

歯間ブラシは、針金にナイロンの毛先をつけたり、シリコンでつくられた小さなブラシです。食べかすのつまりやすい、歯と歯の隙間が広い部分にさしこんで食べかすをかきだします。歯間ブブラシが効果を発揮するのはこんな箇所です。

  • 歯と歯がくっついているところから歯肉がわのすきま
  • ブリッジやかぶせもののある歯の歯肉側
  • 歯肉がさがり歯の根が露出している箇所
  • 歯が抜けたままになっている所
  • 矯正装置の周り

食べかすがはさまって気持ち悪い部分、心あたりがありますよね。

■歯間ブラシのサイズ

ドラッグストアに行くと、様々なサイズの歯間ブラシが並んでいます。大きすぎる歯間ブラシは歯ぐきを痛めてしまいますし、小さすぎる歯間ブラシは食べかすを十分おそうじできません。お口の状態にあったサイズを選んでください。

  • 超極細、SSSと表記された最も細いタイプ
    すきまの特に狭いところ。特に前歯。~0.8mm
  • 極細、SSと表記された極細タイプ
    や狭いところ。前歯や臼歯部。0.8~1.0mm
  • S、M、細目などと表記されたタイプ
    歯ぐきが下がっていたり、歯並びが悪いところ。1.0~1.2mm
  • 太め、L、LLなどと表記されたタイプ
    歯と歯のあいだが比較的広いところ。被せものやブリッジとはぐきの間にすきまがあいてしまっているところ。歯ぐきがさがって歯根が露出し、すきまが大きくなっているところ。1.2~1.5mm

初めて歯間ブラシを使う方は、一番細いものからお試しください。

■歯間ブラシを続けるコツは一番最初に使うこと!

続けるコツは簡単です。歯みがきの前に、お口のケアの一番最初に歯間ブラシを使えばいいのです。食べかすをかきだした後に、きれいに歯みがき。お口の中がさっぱりしますよ。歯間ブラシもデンタルフロスも、歯の間の食べかすがとれればいいのですから歯みがきの前につかってもあとに使っても問題ありません。でも、続かないという方は、歯みがきだけでなにか達成感を感じてしまっているのではないでしょうか? 

歯と歯のあいだにすきまがある、と感じている方は、ぜひとりいれてみてください。


←トップに戻る

カテゴリ一覧

新着一覧

 22/06/30  
フッ素ケアの効果
 22/06/29  
ワイヤー矯正(マルチブラケット法)
 22/06/28  
自分にあった矯正方法
 22/06/27  
マスク生活で口臭が気になる! からだの大事なサインです
 22/06/26  
木更津きらら歯科のホワイトニング
 22/06/24  
免疫力アップでむし歯・歯周病予防
 22/05/31  
国民皆歯科健診
 22/05/30  
当院は厚生労働省認定の「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」です
 22/05/29  
デンタルフロスのすすめ
 22/05/26  
歯間ブラシのすすめ
 22/05/13  
矯正の検討が必要な歯並び
 22/05/10  
理想の歯並び
 22/04/30  
コンポジットレジン充填
 22/04/28  
むし歯はほおっておかないで!
 22/04/27  
歯科衛生士勉強会
 22/04/26  
ジルコニアを使用した症例
 22/04/23  
オールセラミックとジルコニア
 22/04/17  
歯周病と糖尿病
 22/04/11  
歯科医がこだわりぬいた歯みがき TOOTH & PEACE
 22/03/17  
訪問歯科診療にうかがいました