木更津きらら歯科の歯科ブログ

「お口のコンサルタント(当院の歯科医師)」による、生涯安心して健康な歯で暮らしていくためのマメ知識をご紹介いたします。

18年03月01日

笑顔のための歯列矯正

2018年、平昌冬期五輪で女子カーリング日本代表が日本初の銅メダルを勝ち取りました。そのモットーは”キープスマイル”。笑顔にはどんな魔法の力があるのでしょうか。



困難を乗り越える笑顔

海外のメディアでもピックアップされるほど、ポジティブな笑顔を絶やさなかった女子カーリングチーム。本橋麻里選手は、他国のチームが笑顔で難しい局面を乗り越えるのを見て、そんなチームを作りたいと思ったのだそうです。

戦略的な笑顔



「笑顔はコミュニケーションにポジティブな効果を発揮するだけでなく、自分を客観視する効果もある」と話すのは、スポーツメンタルトレーナーで88年ソウル五輪銅メダリスト、田中ウルヴェ京さん。 “たとえ「作り笑顔」でも、笑顔に心が反応して気持ちが落ち着き冷静に考えられるのなら笑う価値あり!”とのこと。※引用:「適当力: たちまち心がかるーくなる」著者: 田中ウルヴェ京  

気持ちが落ち込んでいたら、無理にでも笑顔を作ってみる、それがよい効果となって表れるのは、オリンピックのメダリストが証明しています!

敵意がないと知らせる笑顔



「人種のサラダボウル」と呼ばれるアメリカでは、笑顔はコミュニケーションをとるうえでとても大切です。様々な言語の多国籍の人々が集まるため、スマイルは相手を安心させ、敵ではないと知ってもらうコミュニケーションの最初の一歩なのです。

そのせいか、歯並びの美しさはとても重要視され、知性や教養のレベルと結びついているほどです。アメリカでは歯列矯正に保険が適用されることもあり、子どもの歯並びが悪いと感じた親は、迷うことなく矯正治療に踏み切ります。

笑顔はコミュニケーションのパスポート

笑顔は自分のことも周りの人たちのことも明るくハッピーな気分にしてくれます。笑顔はあなたの味方となって、人と人をつなぎ、苦しいことを乗り越える手助けをしてくれるでしょう。



あなたは笑顔を浮かべることをためらっていませんか? 口に手をあてて、人にわからないように笑っているのではありませんか? もし口元にお悩みがあり、笑顔に自信が持てないなら、木更津きらら歯科にご相談ください。

矯正歯科のページはこちら


←トップに戻る

カテゴリ一覧

新着一覧

 22/09/30  
乳歯が抜けるとき
 22/09/29  
赤ちゃんの夜泣きとロイテリ菌
 22/09/28  
歯が伸びたのではありません。歯ぐきが下がったのです。
 22/09/21  
重度の歯周病の治療
 22/09/20  
初期の歯周病の治療
 22/09/19  
人類史上最大の感染症「歯周病」
 22/08/31  
スポーツと歯科の関係
 22/08/30  
親知らずについて知る
 22/08/28  
目立つ前歯のみ矯正したいならインビザラインGO
 22/08/27  
マウスピース型矯正歯科装置「インビザライン」
 22/08/25  
酸蝕症(さんしょくしょう)の方が増えています
 22/08/24  
歯医者の守備範囲
 22/08/01  
TOKYO DIMEのバスケがうまくなる出張クリニック
 22/07/31  
歯冠長延長術(クラウンレングスニング)
 22/07/30  
歯科医が考えるお口の中の夏バテ対策
 22/07/29  
舌側矯正(リンガル矯正)
 22/07/28  
カンナビジオール(CBD)の働き
 22/07/27  
「おしごと年鑑2022」歯医者のお仕事
 22/07/25  
唾液中のタンパク質が感染を阻止
 22/06/30  
フッ素ケアの効果