木更津きらら歯科の歯科ブログ

「お口のコンサルタント(当院の歯科医師)」による、生涯安心して健康な歯で暮らしていくためのマメ知識をご紹介いたします。

22年07月27日

「おしごと年鑑2022」歯医者のお仕事


現代の歯医者は、むし歯を治すだけでなく、全身の健康を視野にいれてお口の中の健康を保つ予防歯科にとりくんでいます。今月発行された、子供たちのための「おしごと年鑑2022」(発行・朝日新聞社)に”歯医者の仕事”が紹介されました。その内容は、昨年版から内容を一新しているんです。

子供たちに大人気の「おしごと年鑑」。いろいろな職業が紹介されています。歯医者のページでは、まずお口の健康が全身の健康に大きく関わっていることを伝えています。

■お口の中が清潔でないと、全身の健康を損ないます

お口の中が清潔でないと、ウイルス感染しやすくなります。インフルエンザはウイルスが付着した手で、口や鼻、目などの粘膜を触れることで感染しますが、口の中にはいっただけでは感染しません。細胞の中にはいりこむことで感染するのです。口の中に歯周病菌などの悪い菌がいると、感染を手助けしてしまいます。

お口の中が清潔でないと、菌のバランスが崩れます。口の中にいる様々な菌の中には、からだを守る細菌もいます。しかし、悪い細菌が増えると、全身の粘膜に存在するIgAという抗体が負けてしまうのです。腸内にたどりついた悪い細菌は、腸内細菌のバランスを崩し全身の免疫力を低下させることにつながってしまうのです。

■予防歯科の重要性

口腔内の健康は、全身の健康に大きく関わっていることがわかってきました。現代の歯医者は、全身の健康を視野に入れてお口の中の健康を守ることをミッションとしています。

歯周病が重大な病気のリスクを高くすることはご存じですよね。血管にはいりこんだ歯周病原因菌などの刺激は、血管内にプラーク(ねばねばした沈着物)を作りだし、血液の通り道を塞いでしまいます。血管内のプラークが剥がれ落ちて血管がつまると、心臓疾患や脳血管疾患といった重大な病気を引き起こすのです。

子供さん向けの「おしごと年鑑2022」では、・歯と歯ぐきの病気を治す ・お口の機能を守る・歯と歯ぐきの病気の予防の3つをあげています。むし歯治療は、歯医者の仕事のその一環なのです。

■スポーツデンティストというお仕事

アスリートを助ける「スポーツデンティスト」についても紹介しています。激しい接触のあるスポーツには口の中を守るマウスガードが必須。ワールドカップからオリンピックまで、名勝負が繰り広げられる陰には歯医者の活躍もあるんですよ。木更津きらら歯科では、多くのアスリートのマウスガード制作に携わらせてもらっています!


「おしごと年鑑2022」“歯医者さんの仕事”は日本歯科医師会の堀憲郎会長が監修されました。日本ではどうしても、歯医者はむし歯を治しに行くところという感覚があり、予防歯科は遅れていると言われています。子供たちが歯医者の仕事について知ってくれたら嬉しいですね! 


←トップに戻る

カテゴリ一覧

新着一覧

 22/09/30  
乳歯が抜けるとき
 22/09/29  
赤ちゃんの夜泣きとロイテリ菌
 22/09/28  
歯が伸びたのではありません。歯ぐきが下がったのです。
 22/09/21  
重度の歯周病の治療
 22/09/20  
初期の歯周病の治療
 22/09/19  
人類史上最大の感染症「歯周病」
 22/08/31  
スポーツと歯科の関係
 22/08/30  
親知らずについて知る
 22/08/28  
目立つ前歯のみ矯正したいならインビザラインGO
 22/08/27  
マウスピース型矯正歯科装置「インビザライン」
 22/08/25  
酸蝕症(さんしょくしょう)の方が増えています
 22/08/24  
歯医者の守備範囲
 22/08/01  
TOKYO DIMEのバスケがうまくなる出張クリニック
 22/07/31  
歯冠長延長術(クラウンレングスニング)
 22/07/30  
歯科医が考えるお口の中の夏バテ対策
 22/07/29  
舌側矯正(リンガル矯正)
 22/07/28  
カンナビジオール(CBD)の働き
 22/07/27  
「おしごと年鑑2022」歯医者のお仕事
 22/07/25  
唾液中のタンパク質が感染を阻止
 22/06/30  
フッ素ケアの効果