木更津きらら歯科の歯科ブログ

「お口のコンサルタント(当院の歯科医師)」による、生涯安心して健康な歯で暮らしていくためのマメ知識をご紹介いたします。

18年10月29日

プラーク・歯石をためこまないためにはコツがある!



歯の表面のねばねばしたプラーク。気持ち悪いですね。そんな状態がいつものことになってしまうと、さっぱりと気持ちいい状態がわからなくなってしまうかもしれませんよ・・・。いつもトゥルトゥルの歯でいるために、こんなことに気を付けてみてくださいね。

 

毎日の歯みがきでプラークをしっかり落とす




プラークがつきやすいのは、「歯と歯の間」、「歯と歯肉の境目」、「かみ合せの面」です。

歯ブラシの毛先が、さわるだけでいいのです。順番に、意識して歯ブラシをあてていきましょう。 歯と歯の間は、デンタルフロスや歯間ブラシの活用を習慣づけましょう。

画像引用:公益財団法人 ライオン歯科衛生研究所 
https://www.lion-dent-health.or.jp/labo/article/care/01.htm

研磨剤不使用の歯みがきを使う




研磨剤の粒が大きい歯みがき剤を使っていると、歯の表面に細かい傷がつき、プラークや歯石がつきやすくなります。

当院では、研磨剤を使用していない歯みがき剤として、ジェルコートFをおすすめしています。

電動歯ブラシを活用する




電動歯ブラシはプラークを効果的に除去します。当院では、音波水流のフィリップ社ソニッケアーをおすすめしています。

お口の中に作り出される“音波水流”が、毛先の届きにくい歯間部や奥歯などの磨きにくいところのプラークまで取り除いてくれます。

垢除去能力は手みがきに比べて最大10倍*にもなります。

*アダプティブクリーンブラシヘッド使用時/手磨きと比べ/Milleman J, Milleman K, Argosino K, Mwatha A, Ward M, Souza S, Jenkins W, Data on file, 2014

いかがでしたか? 歯石をためないためには、プラークをきちんととりのぞくこと。歯みがきや歯ブラシも見直してみてはいかがでしょうか。

次の記事では、歯科医で行う歯石の除去についてご紹介します!


←トップに戻る

カテゴリ一覧

新着一覧

 21/10/03  
歯周炎はCOVID-19合併症のリスク因子
 21/09/23  
日本摂食支援協会の基礎実習コース
 21/09/16  
口腔がん検診
 21/09/14  
コロナ禍での歯みがき
 21/08/31  
サポートを必要とする方の口腔ケア
 21/08/21  
マスク生活で口呼吸になっていませんか? 
 21/08/02  
歯みがきで感染症予防
 21/07/03  
産業歯科医の認定を受けました
 21/07/07  
新しいスタッフをご紹介します
 21/06/25  
「木更津の訪問歯科相談センター」WEBサイトを開設しました。
 21/06/10  
認知症と口腔ケア
 21/05/29  
絵本でおしゃぶりがやめられた!
 21/05/16  
大人の乳歯とフィンランドの口腔ケア習慣
 21/05/09  
ウィズコロナ時代の歯のみがき方
 21/05/04  
歯科の感染対策。木更津きらら歯科はGWも診療します。
 21/04/25  
健康な方の口腔内には、「口腔粘膜の感染に対する抵抗性」があるんです
 21/04/18  
マスク生活で「口臭」が気になりませんか?
 21/03/21  
歯みがきで感染症予防
 21/03/10  
東日本大震災から10年
 21/02/19  
1歳6か月検診に行ってまいりました